スクラッチアッセイモジュール

  • Image
    Scratch Assay Module
Request Information

損傷治癒アッセイ(スクラッチアッセイ)は in vitro における細胞の集団的な移動の研究に用いられます。Omni、Lux プラットフォームと本モジュールの組み合わせにより、損傷治癒、細胞の浸潤を可視化及び数値化します。

Overview

スクラッチアッセイモジュールの特徴:

>> 細胞遊走(移動)をリアルタイム・ラベルフリーで観察します。

>> 細胞の経時的な移動に対する、薬剤の効果が評価できます。

>> 損傷治癒の割合の数値化が可能です。

 

スクラッチエリア(細胞非存在エリア)を自動で認識し、エリアの縮小や、移動のスピードを数値化します。細胞をインキュベータ内に設置した状態で、リアルタイムな観察・解析が可能です。

 

解析アウトプット

以下の解析結果がアウトプットされます:

>> Scratch area (µm2) – スクラッチ面積の経時的な変化

>> Speed (µm2/s) – 細胞移動スピード

Watch Our Customer Stories

Start Watching